会社の歩み ~沿革~

昭和5年(1930)
谷尾千太郎商店(初代 谷尾専太郎) 創業  岡山県玉野市八浜で商店を営む
小豆粉末(乾燥あん)の製造販売を開始
昭和17年(1942)
原料統制のため休業
昭和25年(1950)
二代目 谷尾和良 社長就任 事業継承
昭和36年(1961)
事業拡大のため岡山県和気郡和気町へ工場移転
昭和40年(1965)
7月1日 谷尾食糧工業株式会社 設立
昭和46年(1971)
冷凍パイン原料でパインアップル缶を製造開始
昭和50年(1975)
マッシュル-ム缶の製造開始    本格的に外食産業への参入
昭和56年(1981)
トロピカルドリンクの製造開始
昭和63年(1988)
タニオタイカンパニー設立
平成2年(1990)
タニオタイ工場操業開始  うずら卵缶・加糖あんの製造開始
岡山県産ピオーネ缶の製造開始  ピオーネ缶農林水産大臣賞を受賞   
平成4年(1992)
タイ国より輸入パイン缶・トロピカルフルーツ缶等の輸入を開始
平成6年(1994)
谷尾和良 会長就任   三代目 谷尾精一 社長就任
平成7年(1995)
ゆであずきツナ1、2号缶及び ピロあんの製造開始
平成8年(1996)
岡山県産果実原料加工の生産拡大(清水白桃、ピオーネ ほか)
平成10年(1998)
フルーツカップゼリー製造開始
平成14年(2002)
ISO9001 2000年度版を取得
平成17年(2005)
さくらあん黒豆ぜんざい 日本缶詰協会会長賞受賞
スイートコーン缶の輸入を開始
平成18年(2006)
さくらあんゆであずき缶(かるあま) 農林水産省総合食糧局長賞受賞
平成21年(2010)
「さくらあん」「TNO」ブランドマークのリニューアル
平成22年(2011)
あん業界で初めて ISO22000認証取得
平成23年(2011)
フィリピンあんの輸入事業を開始 新乾燥あん近代的ラインに改造
平成24年(2012)
谷尾 精一 会長就任   四代目 谷尾 誠 社長就任
平成28年(2016)
食品安全を追究し、FSSC22000認証取得